京都の中坊進二さんも通う伏見稲荷大社


京都には様々な神社があります。
その一つが稲荷伏見大社です。
全国に30000社あるといわれる
「お稲荷さん」の総本宮が伏見稲荷大社です。
京都の中坊進二さんも通っている神社です。
現在は商売繁盛の神様として初詣はもとより、
年中多くの参詣者が訪れています。
京都の中坊進二さんも定期的に行っているそうです。

京都の中坊進二さんも通う伏見稲荷大社には千本鳥居があります。
インパクトがあり、観光の際には是非立ち寄って欲しい場所だそうです。
パワーが貰えるそうなので、
京都の中坊進二さんは定期的に千本鳥居を歩いているとのことでした。

商売繁盛の神様で有名な伏見稲荷大社では、
収穫期にすずめの丸焼きが食べられるそうです。
諸説あるらしく、すずめは豊作の象徴である稲の大敵とされており、
稲を食い荒らすすずめを退治するために
すずめの丸焼きが生まれたと伝えられているそうです。
そのため商売繁盛の縁起物として、
京都の中坊進二さんは時期になると
すずめの丸焼きを食べているとのことでした。
見た目よりも以外に美味しく、
慣れてくるとこれがいいと話していました。

伏見稲荷大社では、11月に火焚祭という祭事があるそうです。
五穀の豊饒と稲荷大神の神恩に感謝する伝統の行事だそうです。
焚き上げる神事が行われるそうでとても迫力があり、
見ごたえがある祭事だそうです。
京都の中坊進二さんは毎年必ず見に行っているそうです。

祭事や様々な魅力があるのが、
京都の中坊進二さんも通う伏見稲荷大社です。
京都に訪れた際は行きたい場所ですね。